遺言書の書き方が分からない…?

法 律 全 般 comments(0) - 行政書士なら板宿の松っちゃん

  前回の投稿から丸2週間 〜  相続や契約の複雑な案件が同時期に持ち込ま
  れると、まとまった記事を書く気になれなくて、ついつい今日まで〜

  すぐには解決しない案件問題でもあり、今月中に記事を追加投稿しておか
  ないと忘れ去られてしまうので 〜  ただ記事のネタ帳だけは増え続ける…

  さて先日テレビ番組で、
有名タレントが各自の遺言書を書いてみましょう
  という番組
が企画放映されており、興味深く拝見させていただきました〜

  法律的な前提知識を全く説明せずに遺言文案が作成されたのですが、有効
  な遺言書と扱えるものが意外と少なく
、一般的にはこの程度かなと…?

  また、ご高齢の父親等に「オヤジが死んだ後に私たちが揉めないように、
  
そろそろ遺言書でも書いたらどうだ」と勧めるのもどうかと思います!?
ランキングボタンに幸せのワンクリックを!
  私たちのように、遺言書の相談業務に携わっていると、その内容及び書き
  方についての知識の差が各人間で大きく差があることが分かります。

  法学部出身者でも「えっ?」と私が突っ込みを入れてしまうような質問を
  される方も少なくなく、逆に何でここまで知ってるのという人まで〜

  これは、今の時代を反映した健康番組が花盛りであるのと併せ、お昼のワ
  イドショーなどで相続に係るクイズ形式の番組が多いからでしょうね。

  ポイントは幾つかあって、
まず用紙は定まっているのか? これは全くの
  自由で、大学ノート中の1頁から見つかった遺言書もあり有効です


  便箋等で遺言書を作成し、遺言書に押印した印鑑と同一の印で封入・封印
  したに越したことはないでしょうが、どんな紙に書いてもOKなのです。

  鉛筆や消せるペンで書いた遺言書も無効ではないのですが、
簡単に消せる
  筆記具で書くのは後々まで紛争のネタになりかねず避けた方が無難


  こう見てくると「遺言書は意外と自由に書ける」ように思えますが、
一方
  民法上は、この法律に定める方式に従わなければ不可との規定も…


  その代表格が自筆証書遺言でしょうかね? 手書きというものが消えかか
  っている現在においても、
遺言書(だけ)は手書きでないと無効なのです!

  「○○に全財産を相続させる」と言う文ならすぐに自筆できますが、特定
  が要求される不動産などを逐一手書きで正確に書くとなると一大仕事…

  印鑑証明書付きで実印を押印したパソコン作成の遺言書を認めてもよいと
  も思うのですが、本人の筆跡鑑定等の方が確実だとの考えなのでしょね。

  その他法律で定められた細かい規定も多くあります。実用書やネットで遺
  言書の書き方のサンプル(文例)が掲載されているので重宝しますが、

  
その遺言書が無効になることがないよう、また内容に記載ミスがないかの
  確認のため、
私たち専門家に内容チェックを受けることをお勧めします

  さらに
公正証書にしておくと、完全な遺言書であるのでご一考のほどを〜

  最後に、親族へ遺言書を書くことを勧めたりすると「
オレを殺す気か」と
  騒動になることもありご注意を 〜 
くれぐれも自分の意思で書くもの…! 
コメント一覧
コメントする