アマゾン お坊さんを宅配〜他業種拡大を…

士業情報全般 comments(0) - 行政書士なら板宿の松っちゃん

  今回の記事はカテゴリーを士業者全般としてはいますが、物販業ではない
  事業者全体に関わることであるので、最後までお付き合いのほどを…

  報道によると、
ネット通販amazonで何と「お坊さん」までが取扱商品?
  に加わり、
ワンクリック注文、お布施はクレジットカード決済でOK…!

  報道では「お坊さん便」と書かれていたが、法要の際に、読経を行なう僧
  侶の手配サービスが全国どこでも一律料金で受けられる
新鮮さ?に驚き!

  この発想はどこから生まれたのか想像もつかないが、今の時代特有の盲点
  をついたアイデア
であり、着想のよさに感心させられるばかりです〜

  いま現在、人に対して何らかのサービスを提供することにより生計を立て
  ている業種も数多く、
激しい競争の中に○○業便を加えてもらえたら…?
ランキングボタンに幸せのワンクリックを!
  私たち士業者を紹介するサイトも多くあるようで、頻繁に電話やメールで
  の営業も後を絶たないのですが、私の場合は迷惑電話(メール)扱いに〜

  得体のしれない業者の作った
「相続、契約等の法律問題の専門家をご紹介
  します」というようなサイトに掲載されても、それで契約が取れるとは…


  前金で何万円、何十万円も取られて雲隠れされるかも知れないし、むしろ
  そのような業者のフトコロだけが太っていくようなシステムでは?


  全てが悪質業者ではないにせよ、ウェブのSEO対策が専門であると宣伝
  するIT業者が、1度きりの対策で後はそのままと言うのもよく聞く話。

  電話帳に掲載し、看板を掲げていればお客さんが来所するような時代では
  なくなったし、
友人・知人からの紹介というのも実際は多くはない〜

  顧問先をそれなりに抱えているような事務所等であれば別であるが、今や
  顧問契約といのも確実に右肩下がりというのも容易に想像がつきますね…

  
単発的な業務が多い私たちの業界においては、自分の扱う業務及び事務所
  等の存在等を、如何に多くの顧客予定者に知ってもらうかが最重要課題


  その意味では、
ネットで自分の事務所(店舗)等が検索されることが必要
  不可欠
ですね。広告業者は怪しいし、自分でネット検索率を上げるのは…

  そのような中、アマゾン「お坊さん便」はまさに現在の象徴 〜  家には仏
  壇がない、墓もない(あっても遠方の)方に坊さんが出張してくれる〜

  
新興住宅街には檀家制度どころかお寺もない。この言葉を知らない、自分
  の宗派さえも分からない …  すごい着想ですね、ネットのお坊さん派遣!


  今の若い僧侶なら、この現状に適合した出張法要等をネットで実現してい
  る方もいるかも。でも
今回大々的に名乗りを上げたのは天下のamazon!

  アマゾンとお寺の契約形態は知る由もないが、一律の定額料金でお坊さん
  が来てくれるなら利用する人も多いのでは? 
今後に着目していきたい〜

  これを機に、私たち対人サービス業者に対しても、アマゾンさん、楽天さ
  ん、坊さん同様の愛の手を差し伸べてもらえまへんでっしゃろか…!?
 
コメント一覧
コメントする